出産祝いに貰って嬉しい贈り物って?

「出産祝い」って、どのようなものを贈ればよいのかわからない、という人も多いのではないでしょうか。出産祝いで本当に喜ばれるものとは、どのようなものなのでしょうか。 出産祝いは、その気持ちが最も大切です。とはいえやはり、最高のものを贈りたいですよね。では、どのようなお祝いを贈れば、本当に喜んでもらえるのでしょうか。

・長く使えるもの
赤ちゃんはぐんぐん成長します。新生児用の品物は、あっという間に使えなくなる可能性があります。また、新生児用のものは、お母さんがすでに出産前に揃えている場合がほとんどです。少し先に使うものや、長く使えるものを選びましょう。

・良質なもの
これは単に、高級品を贈るということではありません。赤ちゃんはデリケートです。また、お母さんも、赤ちゃんに使用するものには、とくに敏感になっているものです。 とくに衣服などの身につけるものは、オーガニックなものを選ぶとよいでしょう。また、離乳食に使用する食器や、おもちゃなどを贈る場合にも、オーガニックなものは喜ばれます。

・たった一つのもの
赤ちゃんは、お母さんにとって、かけがえのないたった一つの宝物です。出産祝いにしても、どこにでもあるものよりも、「たったひとつのもの」は、とても喜ばれます。 お祝いの品に、赤ちゃんの名前を入れてくれるサービスなどもありますので、利用してみると良いですね。

反対に、避けた方が良いものもあります。相手が欲しがった場合には別ですが、ベビーベッドや場所をとる家具などは、ありがた迷惑になってしまう可能性も。 また、何を贈ればよいかどうしても決まらない、という場合には、本人に直接聞くのも一つの手です。

オーガニック素材は、なぜ良いの?

オーガニックなものは身体に良い、というなんとなくのイメージから、オーガニック素材のものを利用している方もいるのではないでしょうか。では、オーガニック素材のものは、なぜ良いのでしょうか? きちんと知る事で、今あるオーガニック素材のものに対しても、さらなる愛着がわく事でしょう。また、オーガニック素材の活用法についてもご紹介します。

オーガニックとは、有機栽培された農産物や、その加工品に対して用いられる言葉です。 農産物、と聞くと、野菜や果物などを思い浮かべますが、衣服などに使用している、「綿(コットン)」も、あてはまります。

オーガニックでないコットンは通常、大量の化学肥料や農薬を使用して、栽培されます。収穫した後にコットンに残る農薬は微量ですが、地下水の汚染などの環境への悪影響や、農家の方の健康への影響は、計り知れません。

さらに、収穫されたコットンが、衣服などの商品になるまでの過程では、漂白や染色、柔軟など、たくさんの化学処理が行われています。

化学処理の際に汚染された水は、水質汚染の原因になります。 また、科学物質は、繊維の中にも残留しています。

アレルギー体質の方など、肌が敏感な人では、不快感を感じるかもしれません。 また、そうでない人にとっても、これら科学物質が直接、肌にふれていることには違いありません。

しかし、オーガニックコットンは、また違った製造過程を経ています。

まず、オーガニックコットンの栽培には、農薬や肥料などに厳格な基準があります。

その基準を満たして収穫されたコットンは、その後の過程でもまた、科学薬品の悪影響を可能な限り抑え、環境や人体に配慮した製造過程を経て、商品となります。

オーガニックコットンは、身体にも環境にも、優しい素材なのです。

妊婦さんへのお祝いに!オーガニック製品のギフトについて

「友人が妊娠して、何かプレゼントを贈りたいと思ってるけど、一体何をあげればいいの?」 「オーガニック製品のギフトをあげたいと思ってるけど、具体的に何を上げればいいかわからない」 このように悩んでいる人もいるでしょう。 今回は、妊婦さんへのお祝いにおすすめなオーガニック製品のギフトや、妊娠祝いにあげるプレゼントの相場料金、注意したいことなども併せて解説していきます。

妊娠祝いの相場ってどれくらい?

一般的に、妊婦さんへのギフトの相場は2,000円~5,000円となっています。 あまり安すぎてもお祝いの気持ちがないように感じてしまいますし、逆に高すぎても相手が気を遣ってしまうので、妥当な値段と言えますね。

妊婦さんへのお祝いでプレゼントすべきオーガニック製品のギフトは?

安定期に入った妊婦さんといえど、慣れない出産や育児への不安などを抱えていることがほとんどです。 そういった不安を和らげさせるために、リラックス効果のあるノンカフェインドリンクをチョイスしてみるといいでしょう。 ノンカフェインのドリンクは、妊婦さんの体に負担をかけることなく、なおかつリラックス効果もあるためおすすめです。 最近ではオーガニック製品として発売されていることも多いです。